広告配信システム「ADステッカー」"

2016年03月01日

韓国の地方自治体50カ所が全世界の友好姉妹都市に平和の少女像の建設を推進する。

 

 京畿道華城市(ファソンシ)・始興市(シフンシ)とソウル城北区(ソンブクク)などは1日、ソウルの清渓(チョンゲ)広場で開かれる「韓日政府の日本軍慰安婦合意無効、全国行動の日3・1節行事」で全世界に日本の反倫理的蛮行を知らせ、真の平和が根をおろせるよう海外の友好姉妹都市に平和の少女像の建設を推進すると29日明らかにした。

 これに先立って、華城市が昨年11月18日に市民からの寄付を集めるなどして友好都市のトロント(カナダ)に平和の少女像を建てるなど、自治体による海外平和の少女像建設の動きが拡大している。

 参加する地方自治体は、ソウルは鍾路区など17自治体、仁川は東区、南区の2カ所、京畿道は水原市など14ヶ所、忠清南道は牙山、唐津市の2カ所、全羅南道は谷城郡など4カ所、光州は南区など4カ所、大田は西区・儒城区の2カ所、江原道は三陟、忠清北道は提川、全羅北道は井邑、慶尚北道は高麗、慶尚南道は咸陽で全国の50自治体だ。

 これらの地方自治体は1日「全国の地方自治体が海外の友好姉妹都市で少女像建設推進のための共同声明」を出し、日本政府に対して真の謝罪と法的責任を問い、韓国政府には日本軍慰安婦被害者が望む真の問題解決のために努力することを要求する。

水原/ホン・ヨンドク記者 (お問い合わせ japan@hani.co.kr )

韓国語原文入力:2016-02-29 19:57
http://www.hani.co.kr/arti/society/area/732659.html 訳J.S(757字)

ソース:ハンギョレ新聞日本語版<韓国の地方自治体が海外姉妹都市に少女像建設を推進>
http://japan.hani.co.kr/arti/politics/23463.html
タグ:慰安婦像
posted by jjhiro at 18:03| Comment(0) | 慰安婦

2016年02月29日

「食べ放題」の時間を過ぎても注文を続けようとして110番通報され、警官に暴行した中国人ツアー添乗員を逮捕

 福岡県警粕屋署は28日、飲食店で起きたトラブルで駆け付けた警察官に暴行したとして、公務執行妨害の疑いで、自称アルバイト王忠海容疑者(48)=福岡市博多区=を現行犯逮捕した。

 署によると、王容疑者は添乗員として中国人のツアー客約30人を福岡県志免町の飲食店に案内し、食べ放題・飲み放題のコースを注文。制限時間が過ぎても注文を続けて、これに応じない店員ともめ、店が110番した。

 逮捕容疑は、28日午後8時10分ごろ、店の駐車場で署員2人の顔を殴ったり、腕にかみついたりした疑い。「やっていない」と否認している。
http://www.sankei.com/west/news/160229/wst1602290016-n1.html
posted by jjhiro at 11:27| Comment(0) | 中国関連

済州みかん濃縮液、三菱商事を通じ日本に輸出 ソース韓国紙

済州(チェジュ)みかん濃縮液の日本への輸出が増えて、加工用みかん処理が青信号を
示している。

毎年加工用みかんの40%を加工処理している(株)一海(イルヘ)は26日、済州みかんの
加工量を維持して拡大するために、済州みかん濃縮液の対外輸出を増やしていると明らか
にした。

農業会社法人の(株)一海は今月18日、日本の三菱商事を通じて2015年産の済州みかん
ジュース濃縮液を300数トン輸出して、約100万ドル水準の輸出実績を果たした。これは
昨年の輸出実績よりも約30%増えた数値で、円安現象や嫌韓感情など否定的な市場の
流れの中でも安定的な輸出実績を見せた。

キム・ヨンフン一海代表は、「済州みかんを加工する地域土着企業の代表として、最近
2年間みかん農民の厳しさを肌で直接感じている」とし、「限定的な国内の果汁・野菜
ジュース市場を脱し、日本など海外輸出を通じてより多くの加工用みかんの加工処理が
できるように努力する」と話した。
http://www.ihalla.com/read.php3?aid=1456447907530462010
タグ:三菱商事
posted by jjhiro at 07:54| Comment(0) | 韓国・朝鮮関連

2016年02月19日

尖閣諸島が危険だ。中国の習近平国家主席は日本と戦闘状態に入ることも決断したようだ

中国、尖閣強奪の極秘情報が浮上 弱腰のオバマ大統領は日本を見捨てる

 中国が今月、南シナ海のパラセル(中国名・西沙)諸島に、地対空ミサイルを配備したことに、米国が猛反発している。オバマ米大統領は、南シナ海での「航行の自由」作戦を継続する方針を示したが、今後、対中防衛網の強化に乗り出しそうだ。
こうしたなか、米国の安全保障専門家は「中国による沖縄県・尖閣諸島強奪」に警鐘を鳴らしている。オバマ氏の残りの任期中に、人民解放軍を上陸させて尖閣領有を宣言するという分析だ。中国経済失速への批判をかわす狙いもあるという。
ジャーナリストの加賀孝英氏がリポートする。 

 「尖閣諸島が危険だ。中国の習近平国家主席は日本と戦闘状態に入ることも決断したようだ」

 こうした極秘情報が浮上して、日米両当局が緊張している。

 冷静にお聞きいただきたい。中国が、わが国固有の領土、尖閣諸島奪取に向けて、驚くような、卑劣な軍事作戦に入ろうとしている。

 一体何が起きているか。以下、複数の米軍、米情報当局関係者から得た情報だ。

 「昨年秋以降、中国政府幹部らは、尖閣諸島のことを声高に『核心的利益』と言い続けている。尖閣奪取のためなら『衝突も辞さない』という日本に対する宣告だ。
加えて、昨年末、習氏が軍部に『東シナ海での軍事作戦に入れ』と極秘命令を出した、という情報がある」

 「習氏は今月1日、全土を7つに分けていた人民解放軍の『軍区』を、5つの『戦区』に改編する大改革を行った。東シナ海担当は東部戦区だ。ここだけに戦闘準備命令が出ているようだ。
その証拠に、各戦区司令部を紹介した軍の機関紙『解放軍報』(2月3日)は、東部戦区だけ『強烈な硝煙臭』などと異常な記述となっていた」

 問題は、中国がたくらんでいる軍事作戦の中身だ。情報はこう続く。

 「中国海警局の重武装巡視船が偶然を装い、尖閣を守る海上保安庁の巡視船と衝突し、戦闘機も加わって攻撃する。この混乱に乗じて、海警局隊員の尖閣上陸作戦を決行する。
日本側から出動した自衛隊の護衛艦、戦闘機と局地的戦闘状態に入り、全面戦争突入への危機を発生させる。日本は必ず全面戦争を回避する。弱腰のオバマ氏は日本を見捨てる。解決は国際調停になる。中国の大勝利だ」

 中国はこう思い込んでいる。

 これで、日本が主張する「尖閣で日中間に領土問題はない」という立場は根底から覆(くつがえ)せる。加えて、中国包囲網づくりに邁進(まいしん)する、憎き日米同盟を分断できる。

 日本との局地的戦闘状態をつくることで、中国のバブル崩壊などに伴う、人民の爆発寸前といえる習政権への不満・批判をそらすことができる。作戦有効期間は「世界の警察官」を放棄したオバマ氏の任期である来年1月までだ。

 防衛省幹部にこの情報をぶつけると、「東シナ海の緊張が極度に高まっていることは承知している。中国は『国際社会の目が、朝鮮半島や南シナ海に集中している今がチャンスだ』と、そう思っているかもしれない」とだけいった。

 米太平洋軍のハリス司令官は1月27日、ワシントン市内で講演し、「尖閣諸島が中国から攻撃されたら、米軍は同諸島を明確に守る」と断固たる口調で語った。軍の幹部がここまで断言するのは異例のことだ。

 発言の背景には、前述した中国の軍事作戦情報がある。
合わせて、世界秩序を守る気概に欠けるオバマ政権を「このままでは、南シナ海だけでなく、東シナ海も『中国の海』になる」と暗に批判し、日本にも「自国の領土・領海を守り抜く決意」を迫ったものと思われる。

 怒りを込めて言わせていただく。国際法を無視し、人命すら蔑(ないがし)ろにする中国の蛮行は絶対許すわけにはいかない。日本は尖閣防衛のさらなる強化を図るべきだ。油断してはならない。

 ■加賀孝英(かが・こうえい) ジャーナリスト。1957年生まれ。週刊文春、新潮社を経て独立。95年、第1回編集者が選ぶ雑誌ジャーナリズム大賞受賞。週刊誌、月刊誌を舞台に幅広く活躍し、数々のスクープで知られている。
http://www.zakzak.co.jp/society/foreign/news/20160219/frn1602191140001-n1.htm
タグ:尖閣
posted by jjhiro at 16:26| Comment(0) | 中国関連

「日本人の墓石」で作った家に住む韓国人の悲しき事情

P102haka.jpgクリップボード01.jpg

韓国第2の都市、釜山。その郊外に位置する山あいの村には、「日本人の墓石」を建材として使った家が立ち並ぶ。何があったのか。

 釜山駅から南西約3km。きつい坂道を登っていくと、その村は突然現れる。

 隣の甘川洞文化村は地区全体をアート振興地域として売り出しているモダンな村だが、こちらの「西区峨嵋洞地域」は迷路のような路地が入り組んでいて、それとは一線を画している。

「西山家之墓」

 路地の縁にある段差には、一目見て墓と分かる石が埋め込まれていた。注意して見ると、家の基礎や塀などあちこちに墓石が使われている。プロパンガスや植木鉢などの台にされた墓もある。交番も、墓石の上に建っていた。

 実は、この地区の多くの家には、日本人の墓が建材として使われている。古くから住む住民によると、一帯には、日本統治時代に住んでいた日本人の墓を中心に300基ほどの墓と火葬場があったという。1950年代初めの朝鮮戦争の際、北部から避難してきた人々がこの地に住んだ。貧しく資金も建築資材もなかったため、墓石を土台に家を作ったり、路地の階段に使ったりした。

 かつて同地区を取材した経験を持ち、近著『禁断の現場に行ってきた!!』でレポートしたライターの村田らむ氏は、「現地は観光地化していて、韓国各地から観光客が訪れていました」と語る。

 一帯を歩くと、墓石の上に家が建っていることをモチーフにした、ゆるキャラ(?)まで作られていた。「墓石の村」をアピールしているようだ。

 日本人にとってはにわかには信じがたい感覚だが、西区創造都市課のパク・プヨン主務官はこう説明する。

「この村は、朝鮮戦争の時に避難してきた人々が辿り着き、貧しさから住み始めた場所です。日本人には、そんな歴史的な経緯を理解して欲しいと思います。住民の中には、日本人に申し訳ないという気持ちから供養を続けている人も多い。この地区は、文化的な遺物として再整備していく予定です」

 住民によれば、「昔の人も、日本人が憎くてやったわけではない。生き延びるために、仕方なく墓石を使わせてもらった。私も年に何回か、献花しています」という。

 歴史の爪痕が、こんなところにも残っていた。

※SAPIO2016年3月号
http://www.news-postseven.com/archives/20160219_384230.html
posted by jjhiro at 11:26| Comment(0) | 韓国・朝鮮関連

2016年02月14日

日本政府、在特会などのヘイトスピーチ動画を削除要請 ニコニコ動画など複数サイトが応じ動画削除

この動画は東京法務局の申立により、人格権侵害として削除されました。
対象物: 個人の名誉

削除された動画。
10694840-s.png

youtube出は閲覧可能


posted by jjhiro at 16:54| Comment(0) | 話題

日本のテレビメディア電波法違反の実態

日本のテレビメディアの外資比率 テレビ局外資比率20%上限 (電波法)43b72818.jpg

フジテレビ  29.8%(違法状態、外資が2,3位)
TBS      13.5%(上位2社が外資)
日本テレビ  21.9%(違法状態)
テレビ朝日  12.5%
電通.     19.6%(筆頭株主は外資)
MXテレビ      0%
posted by jjhiro at 07:46| Comment(0) | メデア
FC2レンタルサーバーLite 5GBで月額250円〜!格安FC2レンタルサーバーLite!