広告配信システム「ADステッカー」"

2014年05月15日

韓国政府が日本人殺害ゲームを製作!!! 鬱陵島の反日博物館で、日の丸入りの陣笠をかぶった日本人を蚊を潰すように駆逐

タッチパネル式のゲーム「私たちの国土の守護者 独島はわが領土だ」もひどい内容で、
内蔵マイクの前で手を叩くと、竹島の周辺海域にいる日の丸入りの陣笠をかぶった日本人を、
蚊を潰すように駆逐できる。

いかに多くの日本人を叩き潰すかでランクが決まり、“功績”が大きいと内蔵カメラで
自分の顔をモニターに当てはめて「将軍」気分になれるという仕組みだ。

展示の締めくくりには、朴槿恵大統領の父・朴正熙元大統領が1967年の在任時に筆を
執った「国土守護 其功不滅」の揮毫が飾ってあった。

「安龍福が独島と鬱陵島を守った史実は『国土守護』に当たる」とし、功績は永遠に
不滅だと評価したと説明書きにはある。安が不法入国者だった(*注2)という「史実」は
どこにもなく、「不滅の功績」は子の代に受け継がれる──。

【※注2】江戸幕府は1661(寛文元)年より、米子(鳥取県米子市)にいた町人グループに
竹島での漁業や中継地としての利用を許可していた。

1693(元禄6)年、前年から鬱陵島に姿を見せていた朝鮮人が増加していたことから、
鬱陵島を日本領だと考えていた町人らは彼らを“不法侵入”と見なし、日本語が話せる
朝鮮人と漁夫の2人を鳥取藩に連行。この日本語ができる朝鮮人が、安龍福だった。

http://www.news-postseven.com/archives/20140515_255933.html
1f.jpg2b.jpg3s.jpg
4.jpg



タグ:竹島
posted by jjhiro at 13:48| Comment(1) | 竹島
この記事へのコメント
韓国は韓国としてのプライドがあるはず
ヒラマサ五輪は日本が助けてやらなくても
、もうソロソロ日本の世話にならなくても
一人で歩けるだろう、いつまでも日本に
たすけをもとめるな。
Posted by at 2014年05月15日 16:50
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
FC2レンタルサーバーLite 5GBで月額250円〜!格安FC2レンタルサーバーLite!