広告配信システム「ADステッカー」"

2014年04月30日

韓国業者がBSE感染疑惑のある牛を大量出荷。2011年に韓国旅行した人間に感染の危機



『ヘタリ牛』申告なしに流通した畜産業者 33人立件

仁川(インチョン)南部警察署は立ち上がることができない牛を申告しないで流通した疑惑(畜産物衛生管理法違反など)でA(69)さんなど畜産業者33人を不拘束立件したと29日明らかにした。

警察はこれらと組んで診断書を操作したB(56)さんなど獣医師2人とヘタリ牛を市中に流通したC(53)さんなど2人も不拘束立件した。

Aさんなどは2011年3月頃、自分たちが育てる牛72匹が起立不能症状を見せているのに畜産当局に申告せずにBさんなどから屠殺が可能な『負傷』という診断書の発給を受けて屠殺した後、首都圏一帯に流通した疑惑を受けている。

これらは牛が負傷した場合、受けることができる家畜災害保険金を請求して4億8千万ウォンを取りまとめることもした。

警察の調査の結果、これらの中の一部は問題がない牛をわざわざ負傷を負わせて保険金をもぎとったことが明らかになった。

韓国日報(韓国語)
http://news.hankooki.com/lpage/society/201404/h2014042909321022000.htm



タグ:狂牛病
posted by jjhiro at 22:06| Comment(0) | 韓国・朝鮮関連
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
FC2レンタルサーバーLite 5GBで月額250円〜!格安FC2レンタルサーバーLite!