広告配信システム「ADステッカー」"

2014年02月20日

米中から利を引き出す韓国の二股外交…韓国に騙されて国内各地に慰安婦像を設置した米国がやっと異常さに気づき始めた

◆【スクープ最前線】韓国「二股外交」に米で怒りの声が噴出 
 〜ケリー国務長官の忠告も無視され…

米国が、我慢の限界に達しつつある。
朴槿恵(パク・クネ)大統領率いる韓国が、米国と中国を両天秤にかける狡猾極まる
「二股外交」を展開し、批判を避ける口実のように「反日プロパガンダ(謀略宣伝)」を
続けているためだ。
こうした怒りは、ホワイトハウスよりも、東アジアの安全保障に責任を持つ国防総省内で
強いという。ジャーナリストの加賀孝英氏が、日米の関係当局者を直撃した。

「米政府や軍幹部の中から『韓国はすべてを壊す気か!』と、怒りの声が噴き出ている。
同盟国である米国に恥をかかせ、しかも公然と米中両国から利を引き出す二股外交を
展開している。まともじゃない」
旧知の米国防総省関係者はこう吐き捨てた。
日本人としては「気づくのが遅すぎる!」と言ってやりたい。
韓国にだまされて、国内各地に慰安婦の像や碑を設置している米国だが、
やっと韓国の異常さに気付いた政府首脳や軍幹部が増え始めた。

先週13日、ソウルでこんな出来事があった。
訪韓中のケリー米国務長官は、朴大統領、尹炳世(ユン・ビョンセ)外相と会談後、
尹外相と共同記者会見に臨んだ。
ケリー氏は真剣なまなざしで「(北朝鮮の挑発を抑止するためには)日米韓3カ国の
緊密な協力が必要だ。日韓が過去にとらわれず前に進むことが、米国の国益にもかなう」
といい、日韓関係の改善を促した。

これに対し、尹氏は「日本の指導者らの(歴史問題の)修正主義的言動が続けば
信頼が損なわれる。歴史を直視すべきだ」と、いつもの日本批判を続け、ケリー氏の
忠告を完全に無視したのだ。
公衆の面前で、尹氏にバカにされたケリー氏はイラつき、
その表情はみるみる険しくなっていた。

以下、複数の米国政府、国防総省関係者から得た情報だ。とくとお読みいただきたい。
「ケリー氏の正確な発言は『put history behind them』だ。
一部メディアは『歴史問題を克服しろ』と訳したが、真意は『過去は忘れろ。水に流せ』
という強烈な忠告だ。それを無視されて、ケリー氏や米国のメンツは丸つぶれになった」
「ケリー氏と朴氏の会談は、当初45分の予定だったが、約2倍の1時間40分もやった。
朴氏は北朝鮮問題そっちのけで、慰安婦問題や安倍晋三首相批判に力を入れていた。
米国の言うことがまったく分かってない」
そして、こんな怒りにつながる。
「韓国は暗に『中国につくぞ』と米国を脅して無理難題を頼み、一方で中国と結託して
日本叩きをしている。これが中国が狙う、尖閣諸島強奪などの海洋権益の拡大や、
日米同盟の亀裂拡大に利用され、東アジアを不安定にしている。
韓国こそ東アジアの癌だ。こんな二股外交を続けていれば、
米中両国が韓国を『裏切り者』と呼ぶ日が必ずやってくる」

米国が切れるのも当たり前だ。
ちなみに、慰安婦問題で付言しておけば、この問題は、一部メディアの間違った
(捏造した?)記事から始まり、韓国の「旧日本軍が性奴隷として約20万人の
朝鮮半島出身女性を拉致、強制連行した」という主張を示す客観的証拠はない。

写真:韓国による対中すり寄りに、米軍の我慢も限界。
ケリー米国務長官(左)と韓国の尹炳世外相との間にも微妙なすき間が…=13日
http://www.zakzak.co.jp/society/foreign/photos/20140219/frn1402190723001-p1.htm



タグ:米韓関係
posted by jjhiro at 14:55| Comment(0) | 韓国・朝鮮関連
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
FC2レンタルサーバーLite 5GBで月額250円〜!格安FC2レンタルサーバーLite!