広告配信システム「ADステッカー」"

2014年01月16日

中国誌 「日本の右傾化を抑制する新持久戦に打ち勝つ。日本の野党の親中派に対するスパイ工作を強める」

 【北京時事】中国国営新華社通信が発行する雑誌「瞭望」最新号は、安倍晋三首相の靖国神社参拝などを受けた日中関係について「日本の右傾化を抑制する『新持久戦』に打ち勝つ」と訴える文章を掲載した。毛沢東主席は1938年、抗日戦争勝利に向けた方策として「持久戦論」をまとめたが、「新持久戦」では「外交上、周辺国との国際的な『統一戦線』を構築し、日本を孤立させる」など6点の戦略を提唱した。
 6点ではこのほか、歴史問題での「日本の誤った言行に反撃」するなど「対外的な世論戦の強化」を掲げ、関係国と「第2次大戦の反ファシズム戦争勝利の成果を共に守る」と主張。さらに「日本当局を重点的に孤立させ、日本の野党や民間、地方などの親中派に対する工作を強め、『以民促官』(民を持って政府を促す)」を進めることを提案した。
 外交面の「統一戦線」では「まず韓国との協力を推進し、ロシアとの協調を深化させ、その他の隣国を取り込み、日本の国連安保理常任理事国入りを断固として挫折させる」とした上で「その次には米日間の矛盾を利用し、米日の連携を防止する」と訴えた。
 文章は「2014年は中日甲午戦争(日清戦争)勃発120周年であり、21世紀の中日戦略競争にとってカギとなる一年だ」と解説している。
 14日付の中国紙・環球時報によると、中国は安倍首相の靖国神社参拝を受け、13日夜までに在外公館の大使ら幹部外交官計43人が現地の主要メディアに寄稿するなどして首相批判を展開。「対外世論戦の強化」を実行している。(2014/01/15-20:42)
http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2014011500908

デル株式会社
タグ:日中関係
posted by jjhiro at 13:34| Comment(0) | 中国関連
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
FC2レンタルサーバーLite 5GBで月額250円〜!格安FC2レンタルサーバーLite!