広告配信システム「ADステッカー」"

2013年12月31日

【中国】環境汚染で滅ぶ?―「PM2.5」「がん村」の恐怖、「近海から魚が消えた」

中国汚染.jpg「世界最大の公害発生国」である中国が及ぼす地球生態系への影響は想像を絶する。中国では有害化学物質による水質汚染や大気汚染など環境関連事件が多発、深刻な健康被害が続出している。
◆工場からの排水で褐色に濁る

中国・江蘇省のある村は、伝統的な稲作地域として有名で水資源が豊かなことから「水の郷」と呼ばれていた。しかし、今その面影はなかった。2004年頃、このあたりは地方政府によって「ステンレスの街」と定められ、民家だった場所は、ほとんどがステンレス工場へと変わった。工場では金属部品を分解してステンレスを取り出す作業が行われ、無防備にも煙を直接吸い込んでいる。工場からの排水により、川面は褐色に濁り、油のようなものが水面に浮いているのが見える。

ステンレス工場群が建設されてから健康被害を訴える近隣住民が急増。そこで原因と疑われる汚染水を垂れ流す金属工場を相手に地元住民が訴訟を起こした。その結果、工場は賠償金を支払い、住民を3〜4キロ離れた別の地域へ移住させた。この村の人口は約3千人。2011年までの2年間、がん患者は80人に達し、「ガンの村」と言われるようになった。ガンの発症率が多い、いわゆる「ガン村」の存在を中国政府は13年に入り、公式に初めて認めた。外国調査機関によると、その数は少なくとも400カ所を超えるという。

 中国の工業生産の急拡大につれて、がん患者数が急増しているのは事実だ。中国でのがんによる死亡者数の統計を見ると、70年代には年間平均で70万人にとどまっていたものが、90年代に年間117万人に急増。2012年には270万人とさらに増え、20年には400万人を超えると予想されている。

中国漁船が東シナ海の尖閣諸島海域で海上保安庁の巡視船に衝突した事件が2010年9月に勃発した。尖閣海域では中国から来た多数の漁船が操業しており、このうち日本の領海で操業していた中国漁船が巡視船に追われ体当たりしたのだ。この船も含めた漁船群は尖閣海域から170キロも離れた福建省福州から長い時間をかけてやってきた。燃料コストと拿捕の危険を冒して尖閣海域に来て操業するのは何故か?




◆近海では魚獲れず尖閣へ―湖・川でも魚が大量死

中国八大漁場の一つに数えられるほど、豊かな漁場に近い江蘇省のある漁港。ここではヒラメやクルマエビなど国内販売用の海産物が水揚げされている。
漁師は早朝6時に出発。3時間かけて目的の漁場へ。到着するとすぐに仕掛け網を海の中に投げ入れる。その長さは、ざっと2000m。網を仕掛けてからおよそ6時間。潮が引いた状態で網の中身を確認すると小さなヒラメが数えるほど。

この道30年という漁師は、「昔は中には3キロくらいの大きなものが沢山獲れた。ヒラメはとても高く売れるので大きな収入が得られたが、最近は全く獲れない」と嘆く。「完全な赤字だ。海が汚染されているためだ。汚染されて魚が近くまで来なくなった。しかもここで獲れた魚はほかの地域に比べて3分の1の値段しかつかない」と嘆く。

「豊かな漁場」はなぜ汚染されたのか? その原因を問うと漁師は港から望める大きな化学工場群を指差した。無数の煙突からは灰色の煙がもくもく出て空を圧倒している。

漁師たちによると6年前、漁場からわずか2キロの距離に100社もの化学工場が操業を始めた。しかも、これら工場のうち9割が廃水を海に直接排水しているといわれ、その汚染された水が海に垂れ流されている。

漁師たちは「化学工場の稼働と時を同じくして漁獲量が激減してしまった」と強く訴え、漁師たちは政府に改善を求め何度も直訴した。しかし地方役人からの返答は 「貧乏で死ぬより豊かになるなら汚染されて死んだ方がましだろ」の一言。地方政府は地方経済の発展を優先し漁師たちの訴えを無視した。ある漁師は「政府は化学工場から税金をもらっているので何も改善しない」「工場のせいでさらに遠くまで漁に出なくては生活できなくなった」と憤っている。

そこで東シナ海や黄海のはるか遠方にまで、漁船が繰り出すことになる。上海では尖閣諸島海域で獲れた魚が人気の的。スーパーなどで売りに出されると市民が殺到。通常の1.5倍もの高い売値にもかかわらずサワラやウマズラハギなどがあっという間に完売する。

中国では淡水魚が主に食べられてきた。漁業関係者によると「中国人の好きな淡水魚が川や湖の水質汚染で食べられなくなったため、海鮮魚が高く売れるようになった」という。中華料理で魚と言えば鯉、ナマズ、ドジョウなど淡水魚だったが、中国の湖・池・川で魚の大量死が発生する事例は後を絶たない。そこで高い金を出してでも魚介類を食べたい富裕層が注目したのが「海鮮」。富裕層は新鮮な海産物を求めるため価格が高騰。漁師たちには一攫千金のチャンスとなる。ところが汚染のため中国近海では魚が取れないのが実情。そこで中国の漁師たちは、より遠くの海にその活路を求めたというわけである。

2013年12月、中国東部を中心に有害物質を含んだ濃霧が発生、上海市では大気中の微小粒子状物質「PM2.5」を含む大気汚染指数が6段階のうち最悪から2番目の「重度汚染」となった。北京でも「PM2.5」が日本の環境基準の13倍にあたる450を超えたほか、周辺の河北省や山西省など各地で、500を超える深刻な汚染が見られた。一部の都市では、高速道路の通行規制や工場の操業の一時停止、それに市内へのトラックの乗り入れ規制などの緊急対策を発動したが、「焼け石に水」の状態だ。中国経済計画当局は、2011年から15年までの第12次5カ年計画の環境浄化目標の半分も達成していないと報告。窒素酸化物の排出量は10年から12年の間に2.8%増加。5カ年計画では15年までに10%に減らすことを目標としているが、早くも達成は困難視されている。民間シンクタンク幹部は「老朽化した製鉄所、火力発電所、セメント工場を廃棄するという過去2年間の全国的なキャンペーンにもかかわらず、工業改革のペースが不十分。このままでは環境汚染によって国は滅びてしまう」と警告している。(Record China主筆・八牧浩行)
http://www.recordchina.co.jp/group.php?groupid=81206&type=0

中国産農作物を中心に販売するイオン

偽装米、8割が中国産…イオンは危険な食品だらけ?告発本は即撤去の横暴

酒・菓子原料の加工用米も混入?…イオン中国米混入問題
タグ:環境汚染
posted by jjhiro at 11:05| Comment(0) | 中国関連
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
FC2レンタルサーバーLite 5GBで月額250円〜!格安FC2レンタルサーバーLite!