広告配信システム「ADステッカー」"

2013年12月18日

要注意!カリフォルニア州で3人目の韓国人市長誕生「日本軍慰安婦碑を建立するために力を尽くす」「韓国人としての誇りもたくさん感じる」「韓国人が事業を広げていく助けになりたい」

市長.jpgオレンジ郡(カリフォルニア州)のブエナパーク市議会は、オ・サンジン(51米国名ミラーオ)議員を新市長に選出したと11日明らかにした。

ブエナパークの市長は、市議会の議員5人のうち一人を選んで任期は1年である。
オ市長の任期は11日から始まる。これでチェ・ソクホ、アーバイン市長とスティーブ・ファンボ、ラ・パルマ市長に続き、カリフォルニア州の韓国人市長は3人に増えた。すべてオレンジ郡にある都市だ。

ブエナパークの人口は約8万人で、白人比率が57%に達して平均所得が年間5万ドルを超える 比較的裕福な都市である。フィリピン、中国、日本、韓国などのアジア系住民も約20%占めており、 韓国人の人口は約9千人と推計される。

オ市長は2010年の市会議員選挙で57年ブエナパーク市で初めて非白人の市会議員になり、今回も初めて白人ではない市長という道しるべを打ち立てた。

1988年にアメリカに渡ってきたオ市長が地域の政治に飛び込んだきっかけは、働いていた韓国人の銀行を辞めて不動産開発業を始めてからだ。 「市当局とあまりにもたくさん衝突し苦しんだことが多かったため、私が市会議員に なれば良くなると思って出馬した」と、オ市長は、「特にアジア人として白人中心の行政を行う都市で事業する困難を誰よりもよく知っている、市会議員になった後に、ブエナパーク市の行政が本当に良くなったという話をたくさん聞く」 とし「やりがいを感じる」と話した。

「初めて白人でない市長になったことは、歴史的にも意味があると思う」とし、オ市長は「韓国人としての誇りもたくさん感じる」と強調した。

彼は市会議員として推進して留保された日本軍慰安婦碑を建立するために力を尽くすと話した。
彼は慰安婦碑建立を市議会に提案したとき、他の議員たちは、コストを理由に反対したという。

彼は、「韓国人がブエナパーク市にとって最もよい投資者で活発だ。韓国人がいる事業所は、 大方650余りになる」とし、「市長として市の財政を安定させ、韓国人が事業を広げていく助けになりたい」と抱負を明らかにした。

来年11月に実施される市議会議員選挙に再挑戦するかどうかについては、「市長の任期を無事に終えた後に考えてみる。まだ言う段階ではない」と慎重な態度を見せた。
http://townnewsusa.com/archives/7744



タグ:韓国人
posted by jjhiro at 11:08| Comment(0) | 韓国・朝鮮関連
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
FC2レンタルサーバーLite 5GBで月額250円〜!格安FC2レンタルサーバーLite!