広告配信システム「ADステッカー」"

2013年12月17日

「つながりやすさ」は au 圧勝、ソフトバンクには不満爆発 -- 47都道府県別 iPhone 5s/5c 満足度調査

通信キャリア3社による「iPhone 5s/5c」の発売から3か月が経とうとしている。発売直後には多くのメディアで各キャリアの通信速度調査が行われ、調査方法・スポットによって様々な結果が出ていたが、その後暫くして利用者は各キャリアの“つながりやすさ”をどう感じているのだろうか。

ネオマーケティングが実施した「47都道府県別 iPhone5s/5c つながりやすさ満足度調査」によると、iPhone 5s/5c の“満足度1位”獲得数は、KDDI(au)が31県、NTT ドコモ(docomo)が6県、ソフトバンクモバイル(SBM)が2県で、引き分けが8県。関東・関西地区をはじめ全国で au が満足度1位を獲得したという。

調査実施日は、11月14日〜12月5日。調査対象は、ネオマーケティングが運営するアンケートサイト「アイリサーチ」の登録モニターのうち全国の男女18歳〜69歳、1,830人(北海道、宮城県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、静岡県、愛知県、京都府、大阪府、兵庫県、奈良県、広島県、福岡県でそれぞれ60サンプル、その他の県でそれぞれ30サンプル。各都道府県で、au、docomo、SBM の各社「iPhone 5s/5c」ユーザー均等割付)。

■前回調査と比べ、au の満足度が大きく向上

調査結果によると、満足度獲得数は、47都道府県中31県と7割近くで auが最も高い。docomo は長野県と静岡県、九州を中心に1位を多く獲得。SBM は、広島県と宮崎県でのみ満足度が高い結果となった。

電話マップ.jpg


なお、ネオマーケティングが iPhone 5s/5c の発売以前(8月15日〜8月21日)に端末を特定せず実施した同様の調査では、満足度1位獲得数は docomo が26県、au が18県、SBM が2県で、愛媛県のみ docomo と au が同率1位で引き分けた。この結果と比較すると、今回は au の満足度1位獲得数が大幅に増加していることがわかる。

■つながりやすいと感じるユーザーが最も多いのは「愛知県」、最下位は「茨城県」

今回の調査結果から都道府県別に満足度を見てみると、その1位は「愛知県」。81.7%のユーザーがつながりやすさに「満足している」「やや満足している」と回答していた。2位は「東京都」で、76.7%。一方「満足していない」「あまり満足していない」の回答が多かったのは、1位が「茨城県」(16.7%)、2位が「青森県」「秋田県」「鳥取県」「長崎県」「大分県」(いずれも13.3%)の5県が並ぶ結果となった。

■不満が最も多いのは SBM ユーザー

主に利用している携帯電話に関して、どういう時に不満を感じるかを聞いた調査では、「よく感じる」と「たまに感じる」の合計が最も多かった項目は「LTE につながらない」で21.9%。次いで「他の携帯電話の通信会社(キャリア)がつながっている場所でつながらない」(21.2%)、「インターネットの速度が遅く、なかなかページが開かない」(19.2%)。

前回調査
電話マップ前.jpg
http://japan.internet.com/allnet/20131216/1.html



タグ:携帯電話
posted by jjhiro at 09:13| Comment(0) | 社会
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
FC2レンタルサーバーLite 5GBで月額250円〜!格安FC2レンタルサーバーLite!