広告配信システム「ADステッカー」"

2013年12月15日

「朝鮮人は信用できないので商談を取り消し取引を打ち切る」 中国軍の日本海進出計画が破綻

 【瀋陽=蒔田一彦】北朝鮮の張成沢前国防委員会副委員長の処刑で、中朝の経済交流は
一時的に停滞する可能性が高まっている。

 中国吉林省とロシアの企業が50年間の港湾使用権を得て開発を進めてきた、北朝鮮北東部・羅先経済貿易地帯。張氏の死刑判決では、土地使用権を外国に売却したことが「売国行為」と糾弾された。同省の中朝貿易商によれば、羅先では張氏に近いとされる地元当局幹部が平壌に戻されたほか、羅津港のロシア企業作業員の姿も消えたという。

 遼寧省瀋陽では13日、金正日総書記死去2年の追悼行事が開かれ、北朝鮮の金光勲総領事が「金正恩元帥の指導の下、朝中関係をより強固にする」と述べた。中国外務省もこの日、「中朝間の経済貿易関係の発展は双方の共通利益にかなう」とのコメントを発表したが、多くの関係者は悲観的だ。張氏粛清後に商談取り消しが相次ぎ、100万元(約1600万円)以上を損失したという同省丹東の貿易商は、「誰が張氏の後継になろうと信用できない」と話した。

http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20131213-OYT1T00997.htm?from=main4

タグ:中朝
posted by jjhiro at 07:34| Comment(0) | 韓国・朝鮮関連
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
FC2レンタルサーバーLite 5GBで月額250円〜!格安FC2レンタルサーバーLite!