広告配信システム「ADステッカー」"

2013年11月28日

日本と台湾、金融監督協力覚書に調印

【台北=吉村剛史】日本と台湾の窓口機関は28日、金融当局による情報交換などで金融システムの健全性確保をめざす「金融監督分野における相互協力のための了解覚書」に調印した。日台間では台湾大手銀行の「中国信託商業銀行」の東京スター銀行(東京)買収が進展しており、海外銀行による邦銀の初の買収として注目されている。

 27〜28日に東京で開催された第38回日台貿易経済会議にあわせ、閉会後に双方の窓口機関トップが覚書に調印した。

 覚書には重大な監督上の懸念に関する相互通知や、必要な改善措置に関する事前・事後の協力、継続的な連絡や対話の促進をはじめ、情報の適切な取り扱いや相互の法令順守なども盛り込まれている。中国信託は来年3月末までに株式を取得する見通しで、買収後も東京スターは引き続き日本の預金保険制度の対象。
http://sankei.jp.msn.com/world/news/131128/chn13112817390003-n1.htm



タグ:日台関係
posted by jjhiro at 18:47| Comment(0) | 国際
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
FC2レンタルサーバーLite 5GBで月額250円〜!格安FC2レンタルサーバーLite!