広告配信システム「ADステッカー」"

2013年11月19日

韓国、最悪の反日ヘイトスピーチ歴史教育の実態「朝鮮戦争」ではなく「韓国戦争」戦った相手はなんと日本と答える者が80%

韓国ヘイト教育.jpg
「韓国戦争」?を
30才代後半までの者に聞くと、80%は日本と戦って
勝った戦争と答える。
北朝鮮と戦ったことも知らない者が80%近くいる。

韓国政府、「日本人を殺せ!殺せ!皆殺しにしろ!」
反日ヘイトスピーチ歴史教育の実態

「朝鮮戦争」とは呼ばない ⇒ 「韓国戦争」と呼ぶ教育

毎年、6月25日は朝鮮戦争の始まった日。しかし韓国では朝鮮戦争は教えない。
理由は、反日・反米教育に都合が悪いからだ。テレビが朝鮮戦争始まった日と伝える程度で、
反日ヘイトスピーチ教育の効果で30代後半まで、朝鮮戦争は日本と戦ったと思い込んでいる。
歴史書を読めばと思うが、ハングル語の歴史書が存在しない。
韓国の図書館に漢字の書物なら沢山あるがハングル語の書物は5%しかない。
また韓国の歴史家と称する学者達のほとんどが漢字書物を読める者が全くいないという始末だ。

韓国人は朝鮮戦争を詳しく知らない。
もし、朝鮮戦争が始まり米国が北朝鮮を攻撃したら?

A「北朝鮮を助けるために、米国と戦う47%」
B「日本を攻撃する21%」・・・
という変な回答だ。

反日ヘイトスピーチ教育の結果として変な答が出る。
韓国では「朝鮮戦争」⇒「韓国戦争」と呼び、日本と戦ったように教え込んでいる。
韓国人は北朝鮮と戦争する理由はないと思っている始末だ。




タグ:朝鮮戦争
posted by jjhiro at 22:40| Comment(0) | 韓国・朝鮮関連
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
FC2レンタルサーバーLite 5GBで月額250円〜!格安FC2レンタルサーバーLite!