広告配信システム「ADステッカー」"

2013年11月15日

非道な中国人、ネットアンケートで8割超が台風被害の比への援助は無用!

国連人道問題調整室(OCHA)は14日、フィリピンの台風30号による死者が4460人に上ったと発表した。約92万人が避難し、被災者は計1180万人にのぼる。日本をはじめ各国が支援の手を差し伸べるなか、中国ではネット上のアンケートで「援助反対」が8割超に達し、さらに同国政府が当初表明した支援金は日本円でたった1000万円。世界が注目する大災害で、図らずも大国の非道な本性が裏付けられた。

 フィリピンを中国が援助すべきかどうか−。中国の人気サイト「騰訊網(とうしんもう)」がネット上でアンケートを行ったところ、14日午後11時(日本時間15日午前0時)の時点で「援助すべきでない」との反対意見が全体の84%に当たる約10万2000件と、圧倒的多数を占めた。両国が南シナ海の領有権問題で対立していることが背景にあるとみられる。

 中国政府と中国赤十字はそれぞれ10万ドル(約1000万円)の支援金を送ると表明。これに対し、米国は2000万ドル(約20億円)、日本は1000万ドル(約10億円)の援助を行うと発表した。トヨタ自動車も1000万ペソ(約2300万円)の義援金を決めており、海外メディアから「世界第2の経済大国なのに、中国の支援は少なすぎる」と批判が出た。

 これを受けて中国当局は大慌て。同国外務省の秦剛報道局長は14日の定例記者会見で、1000万元(約1億6000万円)相当の物資を追加支援すると表明。「中国政府と国民は同情とお見舞いの気持ちを持っており、できる限りの人道援助をする」と強調した。

 国際政治学者の藤井厳喜氏は「中国では少数民族の弾圧など、もともと人権感覚がなく、現政権も人道的なことに興味はない。また、日本は表明した金額通りの支援金を送るが、中国は以前、ある大災害で宣言した額の数分の一しか出さなかったことがあった。今回、1000万円を送るのかどうかも疑わしい」とみている。

 この国に人道的な行動を期待するだけ無駄か。
http://www.zakzak.co.jp/society/foreign/news/20131115/frn1311151138000-n1.htm



タグ:中国人
posted by jjhiro at 13:12| Comment(0) | 中国関連
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
FC2レンタルサーバーLite 5GBで月額250円〜!格安FC2レンタルサーバーLite!