広告配信システム「ADステッカー」"

2013年11月08日

非常勤職員の労組が「君が代を強制するな」と団体交渉、応じなかった大阪市に不当労働行為認定…大阪府労働委員会

★ 不当労働行為認定:君が代斉唱条例…交渉応じない大阪市に

 教職員に君が代の起立斉唱を義務づける大阪市の条例を巡り、大阪府労働委員会(府労委)は
7日、労働組合が求めた団体交渉に市が応じなかったのは、労働組合法が禁じる不当労働行為に
当たると認定し、交渉に応じるよう市に命令した。橋下徹市長就任後、府労委が市の不当労働行為
を認定するのは3件目だ。

 命令などによると、大阪市立小中学校の非常勤職員らが加盟する「大阪教育合同労働組合」は
2012年3月、君が代の起立斉唱を強制しないよう要求するため団交を申し入れたが、市は
地方公務員法で交渉が禁じられている「管理運営事項」に当たるとして拒否していた。しかし府労委は、
組合の要求内容が、組合員の労働条件の問題を含む「義務的団交事項」であると認定。
市の団交拒否に正当な理由がないと判断した。

 命令に対し橋下市長は市役所で記者団に、「今回の件が交渉事項なのかどうか法的に確認していきたい」と述べた。

 府労委は今年3月、市が全職員を対象に実施した政治・組合活動に関するアンケートを、不当労働行為に
当たると認定した。さらに9月には、市庁舎からの事務所退去を職員労働組合に求めた問題を巡り、
市が組合との団交を拒否したのは不当労働行為に当たると認定した。市はいずれも中央労働委員会に
再審査を申し立てている。【野口武則】
http://mainichi.jp/select/news/20131107k0000e040199000c.html



タグ:日教組
posted by jjhiro at 22:05| Comment(0) | 在日
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
FC2レンタルサーバーLite 5GBで月額250円〜!格安FC2レンタルサーバーLite!