広告配信システム「ADステッカー」"

2013年09月24日

「逮捕時に実名報道で被害」 不起訴の男性が3新聞社提訴 朝日新聞社、毎日新聞社、中日新聞社


 逮捕されたことを実名で報道され、仕事を続けられなくなったなどとして、神奈川県在住の元会社経営者の男性が2日、朝日新聞社、毎日新聞社、中日新聞社の3社に計2200万円の損害賠償と謝罪広告の掲載を求めて東京地裁に提訴した。

 訴えによると、愛知県警は2010年2月10日、民事裁判に偽造した契約書を提出したとして、男性を偽造有印私文書行使容疑で逮捕、発表。3社は翌日付の朝刊で、男性が逮捕されたとの記事を実名で掲載した。名古屋地検は同年3月、男性を不起訴処分とした。

 原告側は「実名で報道されるとインターネット上に半永久的に残り、被害回復が極めて困難。無罪の可能性がある逮捕段階での実名報道は適切でない」と主張している。

 朝日新聞社の話 事件報道は実名を原則としており、当社の主張は裁判で明確に示す。

 毎日新聞社の話 当社の主張は法廷で明らかにしていく。

 中日新聞社の話 警察の公式発表に基づいて報道し、否認していることも明記した。適切な報道だったと考えている。


関連キーワード
実名報道、朝日新聞社、毎日新聞社、中日新聞社

在日の実名報道は一切なし、なぜか?
同族だから?新聞社も朝鮮企業だから?って思われても仕方ない日本のメデア。
posted by jjhiro at 17:13| Comment(0) | メデア
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
FC2レンタルサーバーLite 5GBで月額250円〜!格安FC2レンタルサーバーLite!