広告配信システム「ADステッカー」"

2016年03月01日

韓国の地方自治体50カ所が全世界の友好姉妹都市に平和の少女像の建設を推進する。

 

 京畿道華城市(ファソンシ)・始興市(シフンシ)とソウル城北区(ソンブクク)などは1日、ソウルの清渓(チョンゲ)広場で開かれる「韓日政府の日本軍慰安婦合意無効、全国行動の日3・1節行事」で全世界に日本の反倫理的蛮行を知らせ、真の平和が根をおろせるよう海外の友好姉妹都市に平和の少女像の建設を推進すると29日明らかにした。

 これに先立って、華城市が昨年11月18日に市民からの寄付を集めるなどして友好都市のトロント(カナダ)に平和の少女像を建てるなど、自治体による海外平和の少女像建設の動きが拡大している。

 参加する地方自治体は、ソウルは鍾路区など17自治体、仁川は東区、南区の2カ所、京畿道は水原市など14ヶ所、忠清南道は牙山、唐津市の2カ所、全羅南道は谷城郡など4カ所、光州は南区など4カ所、大田は西区・儒城区の2カ所、江原道は三陟、忠清北道は提川、全羅北道は井邑、慶尚北道は高麗、慶尚南道は咸陽で全国の50自治体だ。

 これらの地方自治体は1日「全国の地方自治体が海外の友好姉妹都市で少女像建設推進のための共同声明」を出し、日本政府に対して真の謝罪と法的責任を問い、韓国政府には日本軍慰安婦被害者が望む真の問題解決のために努力することを要求する。

水原/ホン・ヨンドク記者 (お問い合わせ japan@hani.co.kr )

韓国語原文入力:2016-02-29 19:57
http://www.hani.co.kr/arti/society/area/732659.html 訳J.S(757字)

ソース:ハンギョレ新聞日本語版<韓国の地方自治体が海外姉妹都市に少女像建設を推進>
http://japan.hani.co.kr/arti/politics/23463.html
タグ:慰安婦像
posted by jjhiro at 18:03| Comment(0) | 慰安婦
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
FC2レンタルサーバーLite 5GBで月額250円〜!格安FC2レンタルサーバーLite!