広告配信システム「ADステッカー」"

2015年10月10日

捏造南京大虐殺を記憶遺産に ユネスコが登録発表

南京大虐殺、記憶遺産に ユネスコが登録発表
国連教育科学文化機関(ユネスコ)は10日、旧日本軍による南京大虐殺に関する資料を
世界記憶遺産に登録したと発表した。中国が登録を申請した。

中国が「旧日本軍の犯罪」の記録と主張する歴史資料がユネスコによって「世界的に重要」と
認定されたことになり、習近平指導部は今後、歴史問題をめぐる対日攻勢を一層強めそうだ。
日本が申請した第2次大戦後のシベリア抑留資料と国宝「東寺百合文書」も登録した。

中国は「抗日戦争と世界反ファシズム戦争勝利70周年」と位置付ける今年の登録を目指し、
昨年申請した。日本政府は「ユネスコの場を政治的に利用している」と批判し、中国に抗議。
申請の取り下げを求めたが、中国は拒否していた。

各国からの申請案件について、アラブ首長国連邦のアブダビで開かれた国際諮問委員会が審査し、
ユネスコのボコバ事務局長が登録を決定した。
http://mw.nikkei.com/sp/#!/article/DGXLAS0040008_Z01C15A0000000/
タグ:ユネスコ
posted by jjhiro at 07:21| Comment(0) | 中国関連
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
FC2レンタルサーバーLite 5GBで月額250円〜!格安FC2レンタルサーバーLite!