広告配信システム「ADステッカー」"

2014年10月24日

【東京地裁】「違法だったが焼肉屋で頑張った」不法滞在韓国人夫婦の在留を認める…裁判長は杉原則彦



【朝鮮人韓国人特別扱い】 違法でも頑張ったらゆるす

東京地裁、不法滞在韓国人夫婦の在留を認める「違法だったが焼肉屋で頑張った」裁判長杉原則彦
https://twitter.com/aizawanatuko/status/524833346203824129

大手焼き肉チェーン「叙々苑」傘下の焼き肉店を東京都内で経営する韓国人夫婦が、
国に在留を認められなかったのは不当だとして、強制退去処分の取り消しなどを求めた訴訟で、
東京地裁は27日、請求を認めた。
  
杉原則彦裁判長は
「夫婦は長期間、身を粉にして働き、叙々苑社長から高い評価を受けて店の
営業を許された。違法状態だったが、営業を継続する経済的価値は高く、
すべてを失わせるのは酷だ」と指摘した。
  
判決によると、夫婦は1988年、借金返済のため、短期滞在の名目で来日。
期限が過ぎても残留し叙々苑の直営店で働いていたが、同社は99年ごろ、
夫婦を含め不法就労者を全員解雇した。
  
夫婦は別の店に移った後、2004年にその店の経営を引き継いだ。
叙々苑社長との親交は続いており「叙々苑」の商号使用を直営店以外で
唯一許された上、食材の提供も受けるようになった。
 
夫婦は06年、在留許可を求め、東京入国管理局に出頭していた。

http://www.47news.jp/CN/200903/CN2009032701000806.html
タグ:違法滞在
posted by jjhiro at 06:49| Comment(0) | 韓国・朝鮮関連
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
FC2レンタルサーバーLite 5GBで月額250円〜!格安FC2レンタルサーバーLite!