広告配信システム「ADステッカー」"

2014年10月09日

産経新聞・前ソウル支局長を在宅起訴 「朴大統領の名誉毀損」

 ソウル中央地検は8日、ウェブサイトに書いた記事で韓国の朴槿恵大統領の名誉を毀損した
として、産経新聞の加藤達也・前ソウル支局長(48)を情報通信網法違反の罪で在宅起訴し、
発表した。報道をめぐって外国メディアの記者を起訴するのは極めて異例だ。

 問題となったのは、産経新聞のウェブサイトに8月3日付で掲載された「朴槿恵大統領が
旅客船沈没当日、行方不明に…誰と会っていた?」との記事。大統領府秘書室長が国会質疑で、
旅客船沈没事故が起きた4月16日の大統領の所在をはっきり答えなかったことを紹介し、
韓国紙・朝鮮日報のコラムや証券街の情報を引用しながら、男性と会っていたといううわさが
あることを伝えた。

 ソウル中央地検は、韓国の市民団体の告発を受けて捜査に着手。加藤氏を出国禁止処分にして、
3回にわたって事情を聴いていた。

 同地検は発表で、朴大統領は沈没事故当日に大統領府の敷地内におり、記事は事実と異なって
いたとし、根拠もなく女性大統領に不適切な男女関係があるかのように報じて名誉を傷つけたと指摘。
加藤氏が当事者らに事実関係を確認せず、信頼できない資料を報道の根拠としており、被害者に
謝罪や反省の意思を示していないことなどから、「可罰性が高い」と結論づけた。

 情報通信網法に基づく名誉毀損罪は最高刑が懲役7年。

 産経新聞によると、加藤氏は事情聴取に対し、「朴大統領を誹謗する目的ではない」と主張。
事故当日の朴大統領の動静は「日本の読者に対して必要な情報であり、公益性の高いテーマであると
考えている」と述べたという。

 加藤氏の記事をめぐっては、韓国大統領府は産経新聞に対し、民事、刑事上の責任を問う考えを
表明していた。(ソウル=東岡徹)

朝日新聞 2014年10月9日00時13分
http://www.asahi.com/articles/ASGB86VTKGB8UHBI037.html
タグ:産経新聞
posted by jjhiro at 06:40| Comment(0) | 韓国・朝鮮関連
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
FC2レンタルサーバーLite 5GBで月額250円〜!格安FC2レンタルサーバーLite!