広告配信システム「ADステッカー」"

2014年08月19日

誅韓論 (晋遊舎新書 S18) 新書 2014/8/8 が凄い本だとネットで話題に


日本戦略ブレイン (著)
5つ星のうち 4.9
星5つ 10
星4つ 1



内容紹介

日本は具体的に韓国にどう“反撃"すべきか?
2015年以降の東アジア情勢をシミュレーション

本書では、高まってきた日本人の“対韓フラストレーション"に対して添うような、具体的な日本人のアクションプランの提示と、 否めないとされていた韓国の地理的重要性(「防波堤」論など)を否定、韓国が孤立・弱体化していくシミュレーションを行う。
2015年末の在韓米軍撤退を契機に、中国による南北一体化・吸収へと向かう朝鮮半島情勢を予言。
日本は中立を保ち、援助を実施せず、むしろ過去の不法行為の非難を始めることにより、合法的かつ最小労力で韓国を沈黙させる論理を展開する。

内容(「BOOK」データベースより)

日々エスカレートする韓国による反日工作と、それに対抗手段をとらない日本政府。日本人はこのまま我慢を強いられ続けるのか?2015年以降の東アジアをシミュレーションした結果、本書では「日本人の態度次第で、韓国は数年以内に潰せる」との結論に至った。否めないとされてきた韓国の戦略的重要性の否定、在韓米軍撤退から中国による吸収へ向かう半島情勢と、その時日本がとるべき選択…。世界最大の反日国家を、合法的かつ最小労力で沈黙させる方法がここにある!

http://www.amazon.co.jp/dp/4801800491/

朝鮮半島が中国の自治区となるのがいいということはネット住民の間では以前から言われていたことだ。
問題は、在日の存在と帰化政治家の存在。更には朝鮮半島資本企業の存在を一掃することだ。
在日を一掃することで、その関係企業も洗い流せる。そんな施策を今の内閣で作ってもらいたい。
いづれにせよ、韓国との関係を改善するなどと言う愚かな考えは絶対持たないでもらいたい。
タグ:嫌韓
posted by jjhiro at 09:20| Comment(1) | 韓国・朝鮮関連
この記事へのコメント
『誅韓論』を読みましたが、
韓国処分策だけでなく、
在日追放策も具体的に書かれていましたw

なぜか『誅韓論』の在日追放策については話題になっていませんが、私的にはこれが一番のオススメでしたねw
Posted by 在日追放策もあり at 2014年08月20日 23:32
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
FC2レンタルサーバーLite 5GBで月額250円〜!格安FC2レンタルサーバーLite!