広告配信システム「ADステッカー」"

2015年09月28日

韓国製ステンレス箸から基準を超える重金属、長期の使用でがんになる恐れも―中国メディア


山東省青島検験検疫局は先ごろ、韓国から輸入されたステンレス製箸から基準を超える可溶性ニッケルが検出されたと発表した。24日付で斉魯網が伝えた。

検出された可溶性ニッケルは4.7ミリグラム/dm2で、国の基準値である0.1ミリグラム/dm2をはるかに超えていた。輸入されたステンレス製箸は計1000膳、618.29ドル相当。同局は法に基づいて返送処理を行うとしている。

同局は消費者に対し、輸入品のステンレス食器類を購入する際は、検験検疫部門の合格証の有無を必ず確かめるよう呼び掛けている。ニッケルは皮膚感作性のある重金属で、体内への摂取量が基準値を超えると神経衰弱や生殖能力の低下などを引き起こしやすく、発がん性もある。

http://www.focus-asia.com/socioeconomy/photonews/429423/
posted by jjhiro at 17:16| Comment(0) | 韓国・朝鮮関連

2015年09月27日

「日本乗っ取り」が着々と進行している事態に危機感を抱け

2015年9月22日、沖縄県の米軍キャンプ・シュワブのゲート前で抗議活動をしていた29歳の「韓国人」が逮捕される事件があった。韓国人が沖縄に来て反米闘争をしている。

この男だけではない。沖縄の反米闘争には大量の韓国人がやってきて工作活動をしているのは、もう誰もが知っている。

ちょうどその頃、沖縄県の翁長雄志(おなが・たけし)知事が国連で「アメリカ軍は私たちの土地を力によって接収し、そして、沖縄にアメリカ軍基地を作った。人権をないがしろにされている」と反米の演説していた。

もっともこれは、すぐに名護市の我那覇真子氏に「知事は無責任にも、米軍基地が日本とアジア太平洋の安全をに果たす役割を無視している」と反論され、「中国は、先住民と言わせて、(沖縄を)独立させようとしている」と言われている。

この翁長雄志は2015年4月14日に北京で李克強首相に会って、経済的な関係強化を図るように中国に「要請」しているのだが、こうした一連の行動を見ても、明らかに中国の工作員であることが分かっている。

9月22日のこの2つの事件は、中国・韓国が日本の領土を狙って工作員たちを使って活動していることを如実に示唆したものであった。中国は明らかに沖縄を取りに来ているのである。

日本人は、「乗っ取られる」ことに、もう少し敏感であってもいい。沖縄は、中国・韓国の大量の工作員の活動によって、乗っ取られようとしている。


ここまで事態が悪化しているのかと愕然とする


韓国は日本の領土である竹島を乗っ取って自分たちのものだと叫んでいる。執拗にそれを繰り返し、幼稚園からそれを教育して既成事実を作り上げようとしている。

2012年には李明博という韓国大統領だった男も勝手に竹島に上陸して、ここは自分たちのものだと宣言していた。

最近の韓国は「対馬も韓国のものだ」と叫び、執拗にそれを繰り返し、ここでも既成事実を作り上げていこうとしている。

こうした工作活動を強化するため、韓国は日本のありとあらゆる組織に買収や恫喝で影響力を行使し、自分たちの都合の良いように日本を変質させている。ここに中国や北朝鮮も乗っかっている。

日本を乗っ取ろうとしているのだ。日本のものを自分たちのものだと言って「乗っ取り」を計画している。今、まさに日本は乗っ取りを仕掛けられているのである。

日本の宗教組織も、教育組織も、メディアも、通信も、特定の政治家も、弁護士も、企業も、芸能界も、公務員も、多くの分野で「乗っ取り」が進んでいる。

現実を見れば見るほど、ここまで事態が悪化しているのかと愕然とするはずだ。「乗っ取られる」というよりも、「すでに乗っ取られた」と認識している人もいる。

どちらの認識が正しいのか分からないが、日本に対する「乗っ取り」工作は、非常に危険なレベルにまで到達しており、このまま放置しておくと日本は終わる。

日本に住んでいるのに、日本が乗っ取られたら、それはもう私たち日本人の国ではない。

中枢が乗っ取られたらいかに破滅的なことになるのかは、2009年から2012年まで日本の政権を握っていた売国集団である「民主党」を思い出せば分かるはずだ。

あの3年間で、日本は崩壊寸前にまで追い込まれた。これは日本戦後史で最も危険な3年間だった。


img-001.jpg
日本経済を未曾有の不景気に陥れた民主党の3年間は株価にもしっかりと刻まれている。民主党時代の日本は、凄まじい地獄だったのだ。この3年間の地獄は、今も日本に深いダメージをもたらしている。

なりすました人間は、外見では見抜けない


乗っ取りも、見えやすいものから見えにくいものまである。

領土問題や歴史問題に対する「乗っ取り」は見えやすいのだが、本当は「見えにくい」部分の乗っ取りが悪質で危険だ。

中国も韓国も国内で徹底的な反日教育を行っている。

反日教育を受け、日本人を憎んでいるにも関わらず、そんな人間が日本に入り込んで工作活動をはじめ、日本を分裂させ、弱体化させようとしている。

こうした工作員は外見では判別できない。さらに韓国人の工作員の場合、日本名を使って反日活動をするので、余計に判別できないのである。

日本人と変わらない姿の人が、日本語を話し、日本人の名前を使って反日活動や破壊活動を始めたら、それは「日本人」という存在そのものが乗っ取られたようなものだ。

たとえば2015年9月23日、国交省の係長が羽田空港の格納庫許可を巡って収賄容疑で逮捕された事件がある。国交省係長を買収しようとした人間は「伊集院実」という人間だったと朝日デジタルは報道している。

普通、「伊集院」という姓を聞いたら私たちは誰でもそれが日本人であると思う。

しかし、朝日新聞ではない別のソースを見ると、この「伊集院実」というのは金澤星(キム・テクソン)という韓国籍の人間であると書かれている。

この男の外見を見ても、私たちは彼が何者かを見抜けない。日本人になりすました人間は、外見では見抜けないのである。

だから、彼らがあたかも日本人のふりをして、反日的な言動をするようになると、そのせいで日本が分裂し、破壊されることすらもあり得る。

彼らが組織や企業を乗っ取ると、知らない間に方向性を変えられても最初は気がつかない。そして、気がついたときは往々にして手遅れになっている。
http://www.bllackz.com/?m=c&c=20150925T1746260900 より転載
posted by jjhiro at 08:54| Comment(0) | 在日

2015年09月23日

韓国の隠蔽したい過去「不都合な真実」がこれでもかと噴出!

2015-09-20 [増刊大衆8月30日号]

韓国の知られざる"黒歴史"が、白日のもとに晒け出されようとしている。

「これまで韓国は、世界中で日本の従軍慰安婦問題を喧伝。可哀相な被害者を強調していました。ですが、それとまったく同じ構図が韓国内で発覚しているんです」(在ソウルの日本特派員)

ベトナム戦争時、現・朴槿恵(パククネ)大統領の父・朴正熙(パクチョンヒ)元大統領が在韓米軍用の"慰安所"の運営を指示していたことが、ここ数年で広く知られるようになった。

「米軍慰安婦が居住していた"基地村"は韓国内に62カ所、9935人の慰安婦がいたと言われていますが、韓国政府はもとより、同国メディアも、この事実を完全黙殺。"日本を批判する資格などない"と非難されることを懸念しているんです」(前同)

"黒歴史"は、これだけでは終わらない。ベトナム戦争に米国に次ぐ人数を派兵(約32万人)した韓国が、当地で残虐の限りを尽くしていたことが判明してきたのだ。

「韓国軍は、ベトナムで約100カ所、推計1〜3万人の大量虐殺事件を起こしていたことが、米国の公文書などで明らかになってきています」(外務省関係者)

なかでも、韓国軍のベトナム婦女子に対する凌辱行為は、現代史の汚点として後世に伝えられるべきだろう。被害女性たちの悲痛な声も明らかになってきた。

「韓国人が、いまでも恐ろしい」韓国のリベラル紙『ハンギョレ』で、こう証言したのは被害者の一人、今年80歳になるヒエウさんだ。

「3〜4人の韓国軍兵士が家の中になだれ込み、私を捕まえて頭に銃を突きつけたんです。裏の家に連れて行かれ、輪姦されました。一人ずつ、順番にです」

別の女性は、「私は一人の兵士とともに塹壕の中に押し込められました。二晩にわたって、何度も何度もレイプされたんです」

さらに、現地には、こんな記録も残っている。

〈トゥイホア市ホアドン村では、シエンという名の少女が10人の韓国兵に輪姦された。その後、殺害され、ナイフでバラバラに切り刻まれた〉

自らの行為に自縄自縛となった韓国が、過去と真に向かい合う日は来るのだろうか。

http://taishu.jp/17236.php
タグ:韓国軍
posted by jjhiro at 06:25| Comment(0) | 韓国・朝鮮関連
FC2レンタルサーバーLite 5GBで月額250円〜!格安FC2レンタルサーバーLite!